茶花の里

一本の草花から、庭づくりまで。

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

四季を織りなす植物の季節感を大切にする雑木の庭づくり、

茶花を通して日本のすばらしい原風景の中で育った日本人の感性、

日本の心を後世に受け継ぎ、

太古より自然と共にあった日本人の植物文化を創造する。

麗らかな日差しのもとで
芽吹く木々や草花

新緑の木漏れ日

艶やかな紅葉・収穫の季節

枯れ木立

Gallery

茶花の里リ・ガーデン

時の庭
今の庭を変えたい、もう一度庭づくりをしたいという思い
そんな庭づくりをお引き受けします。
毎日見ているおうちの庭。
それを、思い描く庭に、もう一度つくりかえることを
「リ・ガーデン」といいます。

さらに詳しく

理想の庭づくりへ

植物図鑑

アセビ

アセビ

常緑低木アセビを漢字で「馬酔木」と書くのは、馬が葉を食べると酔った状態になり、動けなくなることからの当て字。 葉は毒にもなるが、煎じて殺虫剤にされるので虫除けの薬としても効用がある。 花は3~5月頃の咲く。 放任していて...
アズキナシ

アズキナシ

落葉高木アズキナシの名前の由来は、ヤマナシに似た樹で、小豆のような実をつけることから別名ハカリノメともいい、枝に点在する白い模様をはかりの目に見立てたから。 5~6月に白い花が咲き、果実はで秋に赤く熟す。 非常に強健で、...
アオモジ

アオモジ

落葉小高木アオモジの名は同じクスノキ科で爪楊枝の材料とされるクロモジに対して付けられた名で小枝が緑色をしていることによる。 材は樹皮に良い香りがあるので、和菓子などに添えられる爪楊枝「つまようじ」に用いられている。 果実...
アオダモ

アオダモ

落葉高木アオダモの名前の由来は枝を切って水につけると水が青くなることからついた。 4月~5月頃にその年に伸びた枝先に白い小花をたくさんつける。雌雄異株。 新緑のそよそよとした雰囲気と、秋の渋いえんじ色の紅葉が美しい。 性...
More

店舗情報

 直売「茶花の里」

店内を見る

茶花・雑木・自然木の販売「茶花の里」
1000種類を超える茶花と自然木の四季の表情に出会えます
5万坪の緑のデパート「くるめ緑花センター」の中にある、茶花と雑木の直売「茶花の里」。
何千種類もの茶花や草花と樹木をそろえ、屏風にもたとえられる耳納連山を背景に、
鉢植えから地植えの成木まで、四季折々の表情や、成長の具合を、その場で実際に見て体感していただけます。

それぞれの栽培方法やメンテナンス、土壌との相性など、専門スタッフが丁寧にアドバイス致します。

店舗情報を詳しく見る
アクセスマップ