茶花の里

一本の草花から、庭づくりまで。

アセビ

常緑低木
アセビを漢字で「馬酔木」と書くのは、馬が葉を食べると酔った状態になり、動けなくなることからの当て字。
葉は毒にもなるが、煎じて殺虫剤にされるので虫除けの薬としても効用がある。
花は3~5月頃の咲く。
放任していても樹形がよくまとまり、成長スピードもゆっくり。
環境に対する適応能力の高い樹木で耐陰性もある。
ある程度の日陰でも成長するが、日当たりのよい場所で育てた方が花付きはよい。


植栽場所
半日陰が好ましい。西日は避ける。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)