茶花の里 |雑木の庭づくり

一本の草花から、庭づくりまで。

キングサリ

落葉小高木
名前の由来は、金色のような黄色い花が、鎖のように連なって咲くことからきている。
ヨーロッパ原産の木で、春の花木として有名。
5~6月頃にフジの花に似た黄色い花が枝から下がるようにして咲く。
花の後には豆ができるが、食用ではないので食べることは出来ない。

植栽場所
風通しが良い半日陰を好む。植え込む際に腐葉土をたっぷり混ぜて植え込むと良い。

剪  定
枯れ枝や混み合う枝を切る程度でよい。剪定の適期は花後~6月中がよい。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)