茶花の里

四季を感じる庭のデザイン 造園設計・施工

サワラ

常緑高木
名前の由来は「さわら木」=「さわらか(軽くて質が粗い)」という意味からきている。
サワラの木材は水湿に強く、ヒノキやアスナロのような臭いがないので、
飯櫃や柄杓、桶などによく用いられる。
また、葉には殺菌作用があるため、マツタケなどの食品の敷物として使われる。
耐暑性・耐寒性ともに優れ健強である。

植栽場所
日当りの良い所

UA-165377910-1