茶花の里 |雑木の庭づくり

一本の草花から、庭づくりまで。

ジンチョウゲ

常緑低木
ジンチョウゲ(沈丁花)の名前の由来は、この花の香りを沈香(ジンコウ: 香木より
取れるお香)と丁字(チョウジ:香料のクローブ)に例えたと言うのが一般的だが、
丁字の方は花の形が由来とする説もあるようだ。
3~4月頃上品な甘い香りのする花が咲く。
雌株には花の後に赤い実がなるが、日本にあるのは雄株の割合が圧倒的に多く、
果実を見るのはまれで、雄株と雌株は見た目で区別するのはむずかしい。

植栽場所
水はけのよい日向~半日陰の場所。西日は避けた方がよい。

剪  定 
夏場に花芽が出来るため、剪定の時期は花後すぐがおすすめ。
太い枝を切ると株が弱るため、太い枝の剪定は避けた方がよい。