茶花の里

四季を感じる庭のデザイン 造園設計・施工

ソヨゴ

常緑低木
ソヨゴの名前の由来は、葉が波打っており、風にそよいで「そよそよ」音を立てるからため。
別名フクラシバとも呼ばれ、葉が肉厚で表皮が強く、火であぶるとその部分がプックリと
膨れることからついた。
6月頃、小さな白い花が咲く。
雄雌異株で、雌のほうには秋に赤い実が垂れ下がるようにしてつく。

植栽場所
水はけの良い半日陰~日陰

UA-165377910-1