茶花の里 |雑木の庭づくり

お客様の想いに寄り添う庭づくり

ナツハゼ

落葉低木
ナツハゼの名前の由来は、夏でもハゼのように葉が赤いことから。
名前にハゼと付くが、ウルシ科のハゼとは全く異なり、かぶれたりは一切ない。
5~6月に枝の先に小さな花をつける。
10月ごろ実がなり、黒褐色に熟す。酸味があり食べられる。果実酒がおすすめ。
秋の紅葉がとても鮮やかで美しい。

植栽場所
排水の良い半日陰

施  肥
1月~2月寒肥として油粕を

UA-165377910-1