茶花の里 |雑木の庭づくり

一本の草花から、庭づくりまで。

ナンテン

落葉低木
ナンテンの名前の由来は、中国名の南天竹(なんてんちく)からで、南天をそのまま音読み
にしたもの。 難転(なんてん)、成天(なるてん)の意味になり縁起の良い植物として用いら
れている。
5~6月頃白い花が咲き、秋には実がなる。
果実は咳止めの、葉には解毒の効果がある。ハチに刺されたときは生の葉をよくもんで、
その汁をつけると痛み止めになり、また乗り物酔いには生の葉を噛むとよいといわれている

植栽場所
日向~日陰、どこでも育つ

剪  定 
間延びした枝や実の付いている枝(実の付いた枝は翌年~3年ぐらい花芽を
付けない)を選んで地際で切り落とす。枯れた枝や細くて弱い枝も切るとよい。
樹高が高くなりすぎた場合は比較的低い幹を残し、高くなった幹を地際で
間引くか、幹を適当な高さで切り戻す。