茶花の里

四季を感じる庭のデザイン 造園設計・施工

ハクサンボク

常緑低木~小高木
ハクサンボクの名前は、石川県の白山に産すると誤認されたことからつけられた
福岡では別名ヤマテラシとも呼ばれる。由来は光沢のある葉が山を照らす様で
あるため。4~5月に白い花が咲き、秋には赤い小さな実がなる。
実と花を茶花としても使う。

植栽場所
半日陰で肥沃な土地がおすすめ

UA-165377910-1