茶花の里 |雑木の庭づくり

一本の草花から、庭づくりまで。

ハナイカダ

落葉低木
名前の由来は、葉の表面に花が咲き実がなる姿を、
イカダに人が乗っている光景と重ねたことによる。別名「嫁の涙」ともいう。
5~6月、葉の上に淡い黄色の小さな花が咲き、秋には実がなる。
雌雄異株なので、メス木にしか実が付かない。オス木とメス木の見分け方は
花の時期によく分かる。
メス木→花が1~2輪程度しかつかない
オス木→花が4~5輪とたくさんつく

植栽場所
半日陰~明るい日陰がおすすめ。
植えこむ際に腐葉土をたっぷりと土に混ぜるとよい。
乾燥を嫌うため、土の表面が乾いたらたっぷりお水やりを!

剪  定 
混み合う枝を間引き、風通しを良くするような剪定がおすすめ。
基本的にはあまり剪定は必要ない。