茶花の里 |雑木の庭づくり

一本の草花から、庭づくりまで。

ハナミズキ

落葉高木
ハナミズキの名前の由来は、ミズキの仲間で花が目立つことから。
英語で「dogwood」というが、これはハナミズキの樹皮を煎じたものを
犬のノミとりの薬として使用したことからついたそうだ。
1912年に当時の東京市長が、アメリカワシントンD.C.へ桜(ソメイヨシノ)を
贈った際、その返礼としてハナミズキが贈られ、日本で広まった。
4~5月頃花が咲き、秋には紅葉も楽しめる。日本の気候にも良く合い、育てやすい。

植栽場所 
日当たりの良いところを好むが、乾燥を嫌うため、真夏は水やりを!

剪  定 
木が若いうちは枝もよく伸び勢いがる。長く伸びすぎた枝は花付きが悪いので
切り落とす。適期は落葉した12月から2月の間。
樹が大きくなってくると枝の伸び方がゆっくりになり、剪定は枝抜き程度で良い