茶花の里 |雑木の庭づくり

一本の草花から、庭づくりまで。

ヒメシャラ

落葉高木
ヒメシャラの名前の由来は花がシャラ(ナツツバキ)よりも小さいことからである。
ヒメシャラを仏教の聖樹の娑羅双樹とするものも多いが、娑羅双樹はインドの
高地などにはえるサラノキのことで種類は別。日本には自生がないことから、
平家物語の「沙羅双樹の花の色」の娑羅双樹はヒメシャラといわれている。
6~7月頃白い花が咲く。
ヒメシャラは秋の紅葉も美しく、落葉後も樹姿や赤みを帯びた幹肌を楽しめる。

植栽場所 
西日が当たらない、もしくは他の樹などで西日を遮れる場所