茶花の里 |雑木の庭づくり

一本の草花から、庭づくりまで。

ユスラウメ

落葉低木
名前の由来は、幹をゆすると簡単に実が落ちることから付いた。
さくらの花が咲き始めるころに、梅の花に似た小さなかわいらしい花を咲かせる。
6月頃には小さな実がなる。実は食用で、生食でも良いし、ジャムや果実酒にしてもおいしい。
ユスラウメは1本でも実がなる。
白花で白い実がなるものと、ピンクの花で赤い実がなる2種類がある。

植栽場所 
水はけの良い日向~半日陰を好む。真夏の強い日差しの下では葉が焼ける
こともある。

剪  定
混み合った枝や、伸び過ぎた枝を切る程度で良い。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)