茶花の里 |雑木の庭づくり

一本の草花から、庭づくりまで。

アブラツツジ

落葉低木
アブラツツジの名前の由来は、葉の下面に、油を塗ったようなつやがあることから。
5~6月に咲く枝から花茎を長く伸ばして、
枝の先から垂れ下がるように緑白色の釣り鐘型の花を多数咲かせる。
紅葉はひときわ美しく、鮮やかで目を惹く。

植栽場所
日向で、風通しの良いところ

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)