茶花の里 |雑木の庭づくり

一本の草花から、庭づくりまで。

Category
コシアブラ

コシアブラ

落葉高木 幹を傷つけたときに得られる樹脂は加工を施すと黄金色に輝く塗料になり、古来 「金漆(ごんぜつ)」と呼ばれ、工芸用塗料として珍重された。 コシアブラの名前は「漉し油」を意味し、この樹脂の利用に由来する。 タラノキや...
コデマリ

コデマリ

落葉低木 名前の由来は、花の集まりを、小型の手まりに見立てたことによる。 4~5月頃、枝葉が見えなくなるほど白い花を多数咲かせる。 切り花としても使われ、春を代表する花木と言える。 園芸品種のピンクアイスは、葉に斑が入り...
コナラ

コナラ

落葉高木 コナラは日本の雑木林に多くみられる。 材は木炭の原料やシイタケの原木として使われる。 花は4~5月頃に咲き、新緑も美しい。 秋は紅葉が美しく、どんぐりが成る。 秋に紅葉して枯れた葉は、春に新芽が吹くまで付いてい...
コハウチワカエデ

コハウチワカエデ

落葉高木 名前の由来は、天狗が持つ葉団扇に葉の形が似ていると言われる、 ハウチワカエデよりも葉が小さいことによる。 秋の紅葉がとても美しい。 紅葉時の葉の色づきが変わっており、葉色の変化は半分が緑でもう半分が 黄色・赤な...
コバノズイナ

コバノズイナ

落葉低木 名前の由来は、枝の隋を灯芯に、若葉(菜)を食用にしたことからきている。 北米原産なので別名アメリカズイナとも言う。 花は5~6月に咲き、ボトルブラシのような花が特徴的。秋は紅葉も美しい。 樹形はコンパクトで、性...
コマユミ

コマユミ

落葉低木 コマユミの名前の由来は、マユミの小さいものという意味からきている。 マユミとニシキギの中間性のもで、ニシキギによく似る。 ニシキギとの見分け方は、枝にコルク質のひだがつかないところである。 小さな花が5~6月頃...
ゴモジュ

ゴモジュ

常緑低木 名前の由来は、葉や枝を切るとゴマ(胡麻)の香りがし、「ゴマ樹」が「ゴモジュ」に転訛した といわれている。 奄美大島から沖縄にかけてが特産の樹木 3~4月に小さなかわいらしい花が咲く。蜂蜜のような甘い香りがする。...
ゴンズイ

ゴンズイ

落葉小高木 名前の由来は、樹皮の模様が魚のゴンズイに似ていることによる。 5~6月頃、枝先に小さな淡い黄色の花を咲かせる。 9月半ば頃には、赤い実が色鮮やかに熟し、中から黒い種が顔をのぞかせる。 落葉樹にしては珍しく、葉...