茶花の里 |雑木の庭づくり

一本の草花から、庭づくりまで。

Category
ドウダンツツジ

ドウダンツツジ

落葉低木 名前の由来は、枝分かれする形が「燈台」(または、結び燈台、燭台(しょくだい)に似て いることから「とうだいつつじ」になり、さらに変化して「どうだんつつじ」になった。 4~5月、スズランに似たかわいらしい白い花を...
トキワマンサク

トキワマンサク

常緑小高木 花は4~5月頃咲く。木全体が花に覆われ鮮やかで美しい。 花色は赤、白、ピンクがある。葉の色も青葉のものと、赤葉のものがある。 生育旺盛で葉が密に茂るため、生垣として良く用いられる。 植栽場所 日当りが良く、暖...
トキワガマズミ

トキワガマズミ

常緑低木 別名「トキワガマズミ」とも呼ぶ。 樹高がコンパクトにまとまるので、低い生垣などにもおすすめ。ダビディティヌスに比べると、 すっと上に伸びる。 耐陰性が強く、日陰でも花を咲かせるくらい丈夫で育てやすい。 花は4~...
トキワレンゲ

トキワレンゲ

常緑低木 別名シラタマモクレンとも呼ぶ。 3~11月と花の時期がとても長い。 常緑で、小さいうちから花付きも良い。白くて清楚な花は、朝と夕に甘い香りを漂わせる。 成長がゆっくりで、日陰にも耐えるので、観葉植物として室内で...
トサシモツケ

トサシモツケ

落葉低木 高知県と徳島県の固有種で、四万十川辺りが原産。 見た目はコデマリにそっくりだが、葉は細く葉の縁のギザギザ(鋸歯)が浅い。 また、枝は枝垂れずに立ち上がる点がコデマリとは違う。 5~7月頃、房状の白い花を多数咲か...
トサミズキ

トサミズキ

落葉低木 名前の由来は土佐に自生があり、樹液が多く、春先に枝を切ると水が滴り落ちる ほど水っぽい木に因む。 花は3~4月にかけて咲く。 性質が丈夫で、やや日陰でもよく育つ。 自然と株立状の樹形になる。 植栽場所 水はけと...