茶花の里 |雑木の庭づくり

一本の草花から、庭づくりまで。

Category
ヒトツバタゴ

ヒトツバタゴ

落葉高木 名前の由来は同じモクセイ科のトネリコ(別名「タゴ」)に似ており、トネリコが複葉を 持つのに対し、単葉であることから「一つ葉タゴ」と呼ばれる。 別名ナンジャモンジャとも呼ぶ。 花は5月頃で、木が白い花で雪に覆われ...
ビバーナムダビディティヌス

ビバーナムダビディティヌス

常緑低木 ビバーナムのダビディとティヌスを掛け合わせた改良品種。 樹高がコンパクトにまとまるので、低い生垣などにもおすすめ。 耐陰性が強く、日陰でも花を咲かせるくらい丈夫で育てやすい。 4~5月頃に、小さな白い花が枝先に...
ヒメシャラ

ヒメシャラ

落葉高木 ヒメシャラの名前の由来は花がシャラ(ナツツバキ)よりも小さいことからである。 ヒメシャラを仏教の聖樹の娑羅双樹とするものも多いが、娑羅双樹はインドの 高地などにはえるサラノキのことで種類は別。日本には自生がない...
ヒメシャリンバイ

ヒメシャリンバイ

常緑高木 4~5月頃淡いピンク色の花が枝先にたくさん咲く。 新芽は赤くなり、濃い緑の古葉とのコントラストが見ごたえある。 大気汚染や潮風に強い。枝葉が密に茂るため、目隠しや生垣としておすすめ。 植栽場所  日当たりの良い...
ヒメタイサンボク

ヒメタイサンボク

落葉高木 ヒメタイサンボク(姫泰山木・姫大山木)は、北米原産の常緑高木。 日本に植栽されるものは、冬の寒さで落葉する地域も多いため、 「半落葉樹」として扱われる。日本には昭和初期に渡来。 5~6月頃、香水のようなとても爽...
ヒュウガミズキ

ヒュウガミズキ

落葉低木 名前の由来はヒメミズキが転じてヒュウガミズキになったと言われる。 ヒュウガと付くものの宮崎県の日向には自生がない。別名イヨミズキとも呼ばれる。 花は3月下旬頃から咲く。トサミズキに比べると花や葉が小さい。 楚々...
ヒョウタンボク

ヒョウタンボク

落葉低木 名前の由来は、花のあとに成る実がひょうたんのような形をしていることによる。 4~5月頃特徴的な赤い花が咲く。花にはほのかに甘い香りがある。 花後ひょうたん型の実が赤く熟す。実は食用ではない。 鳥も実を食べないの...