茶花の里 |雑木の庭づくり

一本の草花から、庭づくりまで。

最新記事 ( 2 )

Category
カキ

カキ

落葉高木花は6月頃咲く。 熟した果実は食用とされ、幹は家具材として用いられる。葉は茶の代わりとして 加工され飲まれることがある。柿渋は防腐剤として用いられる。 「柿が赤くなると医者が青くなる」と言うことわざがあり、豊富な...
カシワ

カシワ

落葉中高木名前は「炊葉(かしは)」に由来する。炊葉とは食べ物を盛る葉、いわば食器でカシワの葉が よく利用されていたことからきている。 葉には芳香があり、さらに翌年に新芽が出るまで古い葉が落ちない特性から 「代が途切れない...
カツラ

カツラ

落葉高木カツラの名前の由来は、葉を乾かして粉にしたものをお香を作ることから 香出(カヅ)→カツラになったといわれている。別名コウノキ(香の木) ハート形の葉がかわいらしい。 材は家具や建築などに使われる。 秋にカツラのそ...
ガマズミ キンカザン

ガマズミ キンカザン

落葉低木ガマズミの中では最も小さい品種。 4~5月に白い花が咲き、秋には小さな赤い実と真っ赤に紅葉する葉が美しい。 あまり大きくならないので、鉢植えや低木として庭植えに向く。 植栽場所 風通しと水はけが良い、日向~半日陰...
ガマズミ テンカイザキ

ガマズミ テンカイザキ

常緑低木春と秋に白い花を咲かせる。花には独特の香りがある。 秋には赤い小さな実が成る。寒さにあたると葉はチョコレート色に紅葉する。 性質はとても丈夫で育てやすい。 植栽場所 風日向~半日陰を好む。あまり土地を選ばない。 ...
ガマズミ

ガマズミ

落葉低木名前の由来は、ガマズミの幹や枝をくわの柄に使っていたことから、カマがつき、赤い果実 を染料の原料として使っていたことから、ゾメがつき、カマゾメが転訛(てんか)して、 ガマズミになったなど諸説ある。 5~6月に白い...
ガマズミステリーレ

ガマズミステリーレ

落葉低木四季咲性で、春と秋にオオデマリに似た白い大きな花を咲かせる。 蕾はライムグリーンの色だが、花が咲き進むにつれ白くなる。 切花としても人気があり、ウェディングブーケなどにも使われる。 大気汚染や乾燥に強く、成長も旺...
カメリアエリナ

カメリアエリナ

常緑低木中国原産のカメリアの改良種。病害虫に強く丈夫で育てやすい。 ツバキの仲間だが、成長はゆっくりで、コンパクトな樹形におさまる。 繊細な葉としなやかな樹姿が美しい常緑樹。 冬場はピンク色の蕾が膨らみ花同様に楽しめ2...
カラタネオガタマ

カラタネオガタマ

常緑小高木 名前の由来は、中国原産(唐)で、神霊を招くために神前に供える木とした招霊(オギタマ) が変化してついたといわれている。 ゴールデンウィークの頃、甘い香りのあるクリーム色の花が咲く。香りはバナナのような 香りが...
カリン

カリン

落葉高木 カリンは「金は貸すが借りない」の語呂合わせで、商売繁盛の縁起木とされている。 3~5月頃ピンクの花を咲かせる。 秋には実がなる。実は果実酒として良く用いられる。 果実には鎮咳効果がある。 春は新緑と花が美しく、...
カルミア

カルミア

常緑低木 北アメリカからキューバにかけてが原産の木。 4~5月にアポロチョコレートの様な蕾をつけ、傘を広げた様な花が特徴的でかわいらしい。 満開の時は木全体を覆うくらいの花を咲かせ、見事。 日本へ入って来たのはアメリカに...
カリカンサス

カリカンサス

落葉低木 ハートレッジワインは、夏ロウバイと黒ロウバイを掛け合わせた品種。 花は5~6月に咲き、鮮やかなワインレッド色の花はひときわ目立つ。 暑さや乾燥に強く育てやすい。 ホワイトドレスは、夏ロウバイと黒ロウバイとシナロ...
カンキツ類

カンキツ類

常緑 花は春から夏にかけて咲く。柑橘類の花は香りが良い。 果実は食すことができる。 若い枝はとげ状になっているので、注意。 植栽場所 日当りが良く、西日や寒風が当たらない所 施  肥 冬場、花後、秋に油粕などを与えると良...
カンボク

カンボク

落葉小高木 名前の由来は枝葉が止血剤、果実は目薬りになり、 人体に良い肝要な木ということから。 5~7月頃、純白のガクアジサイのような花を咲かせる。 秋には赤い実が鈴なりに成り、見ごたえがある。 かつては、材を楊枝にして...
キブシ

キブシ

落葉低木 名前の由来は、花の形態がフジに似ているので「木藤」から転訛して「キブシ」となったと いう説など諸説ある。 3~4月頃、枝から垂れ下がるようにして咲く花が特徴的。茶花や生け花に良く使われる。 また、キブシの花は、...