茶花の里 |雑木の庭づくり

一本の草花から、庭づくりまで。

和の伝統の中にも
新たな感性を吹き込む
庭づくり

施主との打ち合わせの中で、エビネや東洋ランの収集をされており、植物の造形が深く、山の中の雰囲気が好きとのこと。もともとは、30トンほどの石がごろごろした庭でしたので、それを精査し、庭の雰囲気に合うような石を選び、アップローチも固まる土(自然素材)を使って門から玄関までを緩やかなアプローチとし、石のテーブルやイスのある広場への道をつくりました。
まるで森の中を散策しているような雰囲気で、ご自分で育てられていたシュンランやエビネ、カンアオイも季節になると顔をだし、存在感を表します。広場の周りでは、趣味の野菜づくりや様々な果実(杏、ウメ、柑橘類、キウイ、ポポー)も収穫できます。

A 邸 DATA
・植裁・四つ目垣・アプローチ(固まる土)・石墨・石(既存のものを使用)
樹木
・ツリバナ・イロハモミジ・シラキ・アブラチャン・ナツハゼ・金華山ガマズミ
草花
・ ギボウシ・ヤマアジサイ・カンアオイ・シュンランなど

雑木の庭の施工例トップに戻る