茶花の里 |雑木の庭づくり

一本の草花から、庭づくりまで。

住み慣れた家を木々で彩る
リガーデンという楽しみ

築15 年の住宅メーカーのお宅のリ・ガーデンでした。大きくなりすぎたケヤキがあり、生垣に囲まれた直線的な庭は高低差があり、 隣の2 階が1 階と同じ高さで目隠しがないとカーテンも開けられない状態でした。 「もっと開放的で、目線が気にならず、四季を感じられる庭がほしい」という要望でした。 そこで、それまで直線的であったアプローチを鹿北石の小端積みで曲線的な石積みとし、樹木や草花を重ねて植えることで目線を隠し、四季が感じられ、 楽しめる庭をつくりました。東面にはレッドシダーのフェンスで目隠しをし、バラやクレマチスを誘引しています。 パーゴラのあるデッキは、蹲の湧水の音を聞きながら、ゆったりと読書やお茶が飲めるスペースです。

O 邸 DATA
客土・デッキ・ウッドフェンス(レッドシーダー材)・パーゴラ・小端積み・石張り・防草シート砂利敷き・蹲
樹木
・アオダモ・シマサルスベリ・カシワバアジサイ・エゴノキ・ツリバナ・シラキ・シマネトリコ  
草花
・ガウラ・ギボウシ(寒河江)・コトネアスター・コツクビチア・バラ・クレマチス・フッキソウ・フイリナルコユリ ・ヤブランギガンディナ・セダム・ニューサイラン・クリスマスローズ・ヘンリーツタなど


雑木の庭の施工例トップに戻る